hotel PRESIDENT

  • トップページ
  • サービス
  • ルーム
  • レストラン
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • ツアー情報

ファンゴトリートメント

温泉療法医ホテルプレジデントテルメの源泉をかけ流して熟成したファンゴ(温泉泥)を使ったトリートメントです。専用のファンゴルームで施術されます。
40℃〜45℃のファンゴを体に塗り、麻布と毛布で包んで20分ほど保温して発汗させます。適用温度や塗布部位は、ドクター(温泉療法医)によって指示されます。トリートメントの後は、専用のファンゴルームのシャワーで洗い流し、その後、付属の温泉浴槽の気泡浴に浸かって15分ほどリラックスします。

fango ファンゴトリートメントは、温泉成分を十分に含んだ適温のパックを体に塗布し、効率よく発汗させ、老廃物を解毒(デトックス)させるものです。発汗・解毒作用によって、十分に温泉に浸かったような満足感と疲労感を得ることになります。場合によっては、軽い「湯あたり」に近い症状にもなりますので、トリートメントの後は、すぐに飲食や運動・水泳などをせず、十分に水分補給をして、少なくなくとも30〜40分は安静にして下さい。

温泉作用を促すマッサージ

安静・水分補給後、ファンゴトリートメントのオプショナルメニューとして、温泉作用を促すマッサージがあります。発汗後のマッサージは筋肉と神経の緊張を鎮め、ファンゴトリートメントとに併用することで、日々蓄積している疲労を緩和させる効果があります。

インハレーション(吸入療法)

吸入療法 温かい温泉水と少量の鎮静剤によるインハレーション(吸入療法)は、鼻やのどを清浄にし、荒れや痛みに対する鎮静作用があります。近年、大気汚染や各種アレルギーが増えていますが、子供から高齢者まで、鼻炎、咽頭炎、慢性気管支炎などの疾患について、その予防や症状の緩和への有効性があります。